無垢木材の選び方

無垢木材は、樹種によって、それぞれ顔つきも性格も違う個性派揃い。

人と同じで、短所と思えるところが、長所に変わったりもします。

理想のライフスタイルと照らし合せながら、色、木柄、堅さなど、

その木が持つ表情や性格を理解した上で、

長く付き合っていけるパートナーと出会ってください。

1.素材で選ぶ

天然の木には、独特の色味と表情のバリエーションがあります。

樹種によって色味が違うのはもちろん、同じ樹種でも一枚一枚表情が異なります。

時間とともに風合いが変化するのも、無垢木材と付き合っていく愉しみのひとつです。

2.巾・長さ・厚み・機能で選ぶ

フローリング材は、サイズや形にさまざまなバリエーションがあります。

巾、長さ、厚み。無垢か挽板か。床暖房対応か・・・。

空間のデザイン性や目的、お好みに合わせて、最適のものをお選びください。

3.張り方を選ぶ

同じ向きで張っていく「流し張り」のほかにも、個性的な張り方がいろいろあります。

同じ樹種でも、張り方によって空間の印象が変わります。

ここでは代表的な張り方をご紹介します。

4.塗装を選ぶ

無垢木材と長く快適に付き合っていくために、塗装は欠かせません。

木そのものの木目や色の魅力を引き出しながら、汚れやキズから守ります。

塗装の種類によって、仕上がりの表情やメンテナンスの方法が異なります。

5.さらにこだわる

無垢木材ならではの魅力をさらに際立たせ、空間のクオリティを高める表面加工。

自然にこだわり、植物で染め上げることで、無垢木材本来の風合いを活かす草木染。

色を擦り込み、木目を際立たせるワイピング。ひと味違う仕上げです。

6.もっと広げる

壁や天井などのパネリングや、階段や框、手すりなど、

お選びいただいたフローリングに合わせて無垢木材をコーディネートできます。

空間のあたたかみが増し、内装の質がさらに高まります。

マルホンの無垢木材

無垢木材を専門に取り扱っているマルホンだから考える、

無垢木材のこだわりや特長、環境への配慮についてご紹介します。