2009年09月29日 製品情報

みなさん、同じ樹種でも様々なグレードがあることはご存知でしたか?
グレードとは、節の有無や木柄のきれいさなど、見た目の違いを言います。



ヒノキの無節が高価なことはご存知のかたも多いのでは?
これが節ありになると、意外と手ごろな価格になるんですよ。このように
グレードが変わることで見た目も変わるけれど、価格も変わってくるという
ことです!



今日は、そのひとつとしてメープルの無垢フローリング・ラスティックグレードをご紹介します。
一般的に、メープルの印象は白くてきれいな木というイメージ。
しかし、これもグレードがかわると全く違う表情に!違う木ではないのかと思う
くらいです。





■メープルといえば、こんなイメージ。明るい印象で、木目もおとなしくやさしい雰囲気です。
0020_CORN_FMPU01-101_%E5%AE%9D%E5%A1%9AT_2005.05.14%20%2811%29.jpg






■これが同じメープルのラスティックグレード。大きな節が多少はいったり、丸太の芯の部分
(心材)が入るので、色むらも出て無垢材らしい表情が楽しめます。
09%E5%B9%B48%E6%9C%88%E7%94%BB%E5%83%8F%20036.jpg
●こちらの施工例は、弊社の東京ショールームがあるリビングデザインセンター・OZONE7階
の‘住まいの照明ラボ’という常設ブースに張られているものです。実際に見ることができるので、
OZONEに来られた際は是非お立ち寄りください!

あなたはどちらのメープルがお好みですか?






▼メープル フローリング 130 ラスティックグレードの商品情報はこちら


▼その他のメープルの商品情報はこちら

年別/カテゴリー別アーカイブ