リブパネリング
―絶妙な光と影のコントラスト―【693 号】

 壁や天井に絶妙な風合いをもたらすリブパネリング。
 その独特な形状によって生まれる光と影の濃淡は、室内を印象的に演出します。今回は、通常のパネリングとはひと味違うこのリブパネリングについてご紹介いたします。
リブパネリングとは?
 
 リブパネリングとは、細い板や角材を平行に組んだ壁・天井材のことです。当社では、ピース一枚一枚に溝を彫り込み、表面に凹凸を持たせたパネリングをそう呼んでいます。光が当たると溝の部分に影ができるため、立体感が際立ち、一本一本独立した細いパネリングを並べて張り上げたように見えるのが特徴です。
 北欧の建築家、アルヴァ・アールト(Alvar Aalto、1898年2月3日-1976年5月11日)の最高傑作「マイレア邸」の天井にもこのようなリブ状のパネリングが使用されています。天井に生み出される光と影のコントラストは、アクセントとなるだけでなく、部屋に奥行きをもたらします。
693_01.jpg
陰影が生み出す魅力
 
 その昔、茶の湯を大成した千利休は、光と影をコントロールすることによって「わび・さび」を演出したと言われています。華やかな装飾を排除し、自然の光による濃淡のみによってしつらえるという独特の手法で作り上げた印象的な茶室「待庵」は、今なお人々を惹きつけてやみません。
 リブパネリングの独特な形状により生み出される濃淡は、空間を印象的に演出します。浅い溝、深い溝、傾斜の有無を使い分けていただくことで、「はっきりとした陰影を楽しみたい」、「控えめでもアクセントをつけたい」というどちらのご要望にもお応えすることが可能です。
選べる4つの形状
 
 リブパネリングは4つの形状をご用意しており、お好みに合わせて切り込んだ溝の深さと傾斜の有無をお選びいただけます。溝の浅いタイプには繊細さがあり、やや控えめなアクセントとなるのに対し、溝の深いタイプはワイルドでダイナミックな表情を見せます。また、傾斜をつけたタイプはストライプの模様がくっきりと浮かび上がり、強い存在感を示すのに対し、フラットなタイプはさりげなく空間を彩ります。いずれの形状をお選びいただいても、光が横や斜めから当たると、自然に明るい面と暗い面が交互に現れるため、奥行きを感じることができます。
693_02.jpg


■溝が深いタイプ(PHL04-450/PHL06-450)
 溝が深いタイプは、天井が高い部屋、広い部屋に使用する場合におすすめです。さらに表面に傾斜をプラスすると、直線を強く感じさせる仕上がりになります。光と影のコントラストがはっきりと現れる形状で、照らす光によっても表情が大きく異なるため、時間帯や季節によって印象が変化する表情豊かなパネリングです。
693_01.jpg PHL04-450施工例

■溝が浅いタイプ(PHL05-450/PHL07-450)
 溝が浅いタイプのものは、繊細さを感じさせる細やかなつくりが特徴です。そのため、広さが限られた場所や、天井が低いお部屋にも調和します。フラットなタイプは遠くから眺めると、ひとつの広い面として見えてくるなど、見る距離によって異なる印象をお楽しみいただけます。さざ波のように細かい表情が天井や壁に絶妙な肌合いをもたらし、和室にも合わせやすいパネリングです。
 当社のリブパネリングは、ヘムロック(米ツガ)という樹種に半透明のホワイト着色を施しています。清潔感のある白さとすっきりとした柾目の表情は、主張しすぎることなく、さまざまなインテリアを引き立てます。このリブパネリングが持つ穏やかな木目や、光と影の濃淡による表情の変化を楽しんでみるのはいかがでしょうか。

ヘムロック 無垢パネリング リブ01 100 柾目
品番:PHL04-450
グレード:クリアー
タイプ:ソリッドワンピースタイプ
塗装:オイルホワイト
サイズ:20㎜×100㎜×3900㎜
入り㎡数:3.12㎡/ケース

ヘムロック 無垢パネリング リブ02 130 柾目
品番:PHL05-450
グレード:クリアー
タイプ:ソリッドワンピースタイプ
塗装:オイルホワイト
サイズ:15㎜×130㎜×3900㎜
入り㎡数:3.04㎡/ケース

ヘムロック 無垢パネリング リブ03 100 柾目
品番:PHL06-450
グレード:クリアー
タイプ:ソリッドワンピースタイプ
塗装:オイルホワイト
サイズ:20㎜×100㎜×3900㎜
入り㎡数:3.12㎡/ケース

ヘムロック 無垢パネリング リブ04 130 柾目
品番:PHL07-450
グレード:クリアー
タイプ:ソリッドワンピースタイプ
塗装:オイルホワイト
サイズ:15㎜×130㎜×3900㎜
入り㎡数:3.04㎡/ケース