床暖房対応フローリング
足元から部屋全体を暖め、快適で身体にもやさしい床暖房。
無垢木材は床暖房に使えないと思われがちですが、
マルホンでは、15樹種・41商品の床暖房対応フローリングをご用意しています。
床暖房の種類と無垢フローリング
 
■床暖房の種類
人が寒い・あたたかいと感じる基準は、壁や天井の表面温度と密接に関係しています。床暖房は、床から放出された輻(ふく)射熱が、空気を素通りして直接壁や天井をあたためるため、非常に快適かつ効率的であり、人気の高い暖房方法のひとつです。

床暖房システムは、電気式(熱源に電気を利用する方式)と、温水式(ガスなどで沸かした温水を熱源として利用する方式)に分かれます。一般的に、フローリングへの負担は温水式の方が大きいと言われていますが、マルホンの床暖房対応フローリングは温水式を基準としていますので、電気式・温水式いずれの場合でもご使用いただけます。

■床暖房と無垢フローリング
最近は床暖房のニーズが高く、床暖房に無垢フローリングを使いたいという方が増えています。無垢木材は乾燥や熱によって動きが生じるため、床暖房には対応できないというのが従来の業界の常識でした。しかし現在では、通常のフローリングとは異なった加工や乾燥工程を経ることで寸法安定性を高め、床暖房に対応した商品をご用意できるようになりました。マルホンでは、15樹種41商品の床暖房対応フローリングをご用意しています。
浸透性塗装で楽しむ床暖房対応無垢フローリング
無垢フローリングに限らずフローリング材の塗装は、表面を塗膜で覆うウレタン塗装が一般的です。ましてや床暖房対応品となると尚更です。しかしウレタン塗装では、表面を塗膜で覆ってしまうために、無垢木材本来の質感や手触りからは遠ざかってしまいます。マルホンでは、ウレタン塗装の製品ももちろんございますが、無垢木材本来の質感・手触りを楽しめる浸透性塗装の製品を、床暖房対応品としても多数ラインナップしています。浸透性塗装を施した無垢フローリングは、梅雨や秋の長雨のシーズンでもベタつくことなく、さらっとした肌ざわりが得られるため、床暖房を使用する冬場はもちろん、一年を通して快適に過ごすことができます。

塗装の種類と特徴について

床暖房対応フローリングの種類
 
当社では、床暖房に対応したフローリングを15樹種41商品ご用意しています。厚みのある一枚もののフローリングと、表面材に鋸で厚挽きした3mm以上の板を用いた挽板フローリングの2種類からお選びいただけます。
■無垢フローリング

丸太から切り出したもので、厚み方向に貼り合わせがなく、一枚の板からできています。動きにくい樹種に通常のフローリングとは異なった加工を施すことや、特殊な乾燥工程を経ることで、寸法安定性を高めています。無垢木材を贅沢に使用しているため、木そのもののダイナミックさがあり、意匠性の高さが特長です。弾力、あたたかみが感じられ、調湿性に富んでいます。

床暖房対応無垢フローリング一覧

■挽板フローリング

厚み方向に板を貼り合わせ、複数層で構成されたフローリングのことです。マルホンでは、薄くスライスした板ではなく3mm以上に厚挽きした板を表面材に用いています。(ヨーロッパでは、表面材3mm以上のフローリングのみが「Parquet Flooring」という特別な呼称を使え、3mm未満ものとではその高級感において明確な区別をしています。)一般的に使われる表面材が0.3mm以下の薄い突板とは異なり、木質感のある仕上がりです。見た目は無垢木材と変わりませんが、踏み比べると若干の堅さを感じます。「床暖房に使えて、幅広で、オイルフィニッシュのフローリングが欲しい」というご要望にお応えするために開発しました。

床暖房対応挽板フローリング一覧



床暖房対応フローリングの実物は、マルホンショールームにてご覧いただけます。

サンプルのご依頼は、各製品詳細ページにて承っております。