マハング材

マハング Mahang

物性 加工性 特徴
比重 0.27 加工性 -- トウダイグサ科
平均収縮率/板目方向 -- 乾燥性 -- 樹高 --
平均収縮率/柾目方向 -- 接着性 直径 --
弾性係数(N/mm2)(ヤング係数) -- 耐久性 用途 内装
縦圧縮強さ(N/mm2) -- 塗装性 分布 アジア
曲げ強さ(N/mm2) --   材質 心材と辺材の差がなく、おとなしい木目。
ヤンカ硬さ -- 写真
ブリネル硬さ --
コメント
ペルポックによく似ていることから代替品として使われるマハング。インドネシアを中心に東南アジアで育つ成長の早い常緑樹でマレーシアでは一般的に知られている樹種です。ペルポックよりも柔らかく、おとなしい木目と心材と辺材の差がなく、塗装がムラなく均一に仕上がることが特徴です。加工がしやすい為、造作材や棚板などの内装材に用いられるほか、木製のスーツケースやサンダルなどに利用されています。 マハングの木の葉はとても大きく、雨が降ったときはハンカチのようにして頭にかぶせることができるほどです。
学名
Macaranga spp., Macaranga auriculata, Macaranga baccaureifolia, Macaranga brevipetiolata, Macaranga costulata, Macaranga conifera, Macaranga formicarium, Macaranga gigantea, Macaranga hypoleuca, Macaranga javanica, Macaranga lowii, Macaranga motleyana, M
日本語
マンゴ
英 語
Mahang, Sedaman, Benua, Sabah, Malaya, Sarawak
掲載データについて
  • この検索システムで使用しているデータは、当社が様々な資料や専門書を参考にして再編集したものです。
    データや記述内容について、学術的な見地と一致しない場合もありますので、ご了承下さい。
    資料等の出典は、「データ資料について」 でご覧になれます。
  • ドロップダウンメニューの詳しい説明は、「カテゴリーガイド」をご覧下さい。
前画面に戻る