マルホン 無垢木材についてついての疑問・質問


無垢・挽板・突板とは何ですか?


フローリングには、単層タイプ(無垢フローリング)と複合タイプ(挽板フローリング・突板フローリング)があります。

■単層タイプ(無垢フローリング)
丸太から伐りだしたもので、厚み方向に貼り合わせがなく、一枚でできています。木そのもののダイナミックさがあり、意匠性の高さが特長です。動きはありますが、弾力、あたたかみを感じられ、調湿性に富んでいます。

■複合タイプ(挽板フローリング・突板フローリング)
厚み方向に板を貼り合わせ複数層で構成されるタイプです。鋸で厚く挽いた木材を表面に貼ったものを挽板フローリング、薄くスライスした木材を表面に貼ったものをを突板フローリングと呼びます。
挽板は、見た目は無垢と変わりませんが、踏み比べると若干の堅さを感じる場合もあります。複数層にすることで動きが抑えられ、寸法安定性が高く、床暖房対応や幅広フローリングに適しています。