インドネシアチーク 寄木張りフローリング
古くから世界中で愛されてきた寄木張りフローリング。
伝統的な張り方にとどまらない、新しい寄木張りフローリングをマルホンからご提案いたします。
インドネシアで植林されたチークを使用した環境にもやさしい商品です。
寄木張りフローリングとは
小さな無垢材のピースを組み合わせて、一定のパターンに張り上げたものを「寄木張りフローリング」と呼びます。ヨーロッパにおいて16世紀から用いられていたとみられる寄木張りフローリングは、日本では、明治以降の洋風建築に好んで取り入れられました。さらに近年その意匠性が見直されており、再び注目を集めています。

寄木張りフローリングの詳細は、以下にてご案内しています。
見る木生かす木【700号】寄木張りフローリング vol.2―デザイン性に富んだ新たな張り方―

寄木張りにはさまざまなパターンが存在しますが、中でも「ヘリンボーン」と呼ばれる張り方はよく知られています。「ニシンの骨(英:Herring Bone)」に似ているためその名が付けられた「ヘリンボーン」張りは、空間のアクセントとしてさまざまな場所に使用されています。伝統的な張り方とあわせて、新たなパターンの寄木張りフローリングもご用意いたしました。

■バスケットチェック張り 

細長いピースと正方形のピースを組み合わせた張り方です。かごを編んだように見えることから“バスケットチェック”と名付けました。



バスケットチェック張り商品詳細ページ


■サテン張り 

同じ長さのピースを2枚並べ、その木口に巾の2倍の長さになる長方形のピースを配置する張り方です。生地の織り方である“朱子織(=サテン)”に似ているため“サテン張り”と名付けました。


サテン張り商品詳細ページ



■ヘリンボーン張り

無垢材の小片を山型に張っていく方法です。「ヘリンボーン」という名で知られていますが、日本では、杉の葉に見立てて「杉綾」とも呼ばれます。



■フレンチヘリンボーン張り

斜めにカットした無垢材の木口を合わせて直角や120度に張り上げる方法です。ルーブル美術館の床にも使用されています。




インドネシアチークについて
ウォールナット、マホガニーと並び世界三大銘木と称されるチーク。美しい表情、すぐれた寸法安定性、高い耐水性など、その魅力は多岐に渡ります。古くから世界中で珍重されてきたチークですが、近年、天然林の枯渇や違法伐採などが問題視されています。そのため当社では、インドネシアで植林されたチーク材を使用しています。適切に管理された森林から生産された環境への負荷が少ないチークです。

インドネシアチークについては、以下にて詳しくご案内しております。
見る木生かす木【699号】インドネシアチーク―高い品質を誇る世界的な銘木―

さまざまな寄木張りフローリング
当社では、全10樹種の寄木張りフローリングをご用意しています。
その中から、選りすぐりの寄木張りフローリングをいくつかご紹介いたします。

■ヨーロピアンオーク

ウイスキーやワインの樽として用いられることもあるオーク材。無垢材らしい表情をもち、どのようなインテリアスタイルにも調和します。


ヨーロピアンオーク 寄木張り製品詳細ページ

■アッシュ[熱処理]

力強い木目が特徴的なアッシュに熱処理を施しています。熱処理特有の使い込んだ表情が、味わい深い印象を与えます。


アッシュ[熱処理] 寄木張り製品詳細ページ

■バーチ[熱処理]

おとなしい木目ときらきらかがやく杢が特徴的なバーチ。熱処理を施すことで、上品な中にも華やかさのある黄金色の表情が生まれています。

バーチ[熱処理] 寄木張り製品詳細ページ

■ウォールナット

チークと並び世界三大銘木と称されるブラックウォールナット。特有の濃い色味が、アンティークな雰囲気の中に重厚感を漂わせます。


ウォールナット 寄木張り製品詳細ページ

■ローズウッド

新鮮な材からはバラに似た香りがすることから、その名が付けられたローズウッド。美しい縞模様を持ち、楽器にも使用される良材です。


ローズウッド 寄木張り製品詳細ページ

■アメリカンブラックチェリー

絹のような手触り、おだやかな木目から高い人気を誇るアメリカンブラックチェリー。使い込むほどに色味が深まっていきます。


アメリカンブラックチェリー 寄木張り製品詳細ページ

寄木張りフローリングは、張り上げるパターンや木の種類によって、仕上がりの雰囲気が大きく変わります。こだわりのお部屋づくりのアクセントとして、お部屋に取り入れてみてはいかがでしょうか。

寄木張りフローリング一覧





寄木張りフローリングの実物は、マルホンショールームにてご覧いただけます。