「Arborガラスフィニッシュ」塗装品 【メンテナンスマニュアル】

日常のお手入れ

日常のお手入れをしっかりと行うことで、美しさをキープできます。

● 基本のお手入れ
1. 塵やほこりを掃除機などで除去。
2. 乾いた雑巾やフロアワイパーで乾拭きをするか、または固く絞った雑巾で水拭き(水気が残っている場合は乾拭き)

● 汚れを落としたい場合
軽微な汚れ : Arbor水性クリーナーワックスを使用
頑固な汚れ : サンディング・再塗装
※サンディング方法については、以下の「定期的なお手入れ」をご参照ください
注意
* 水をまいてモップをかけたり、しっかり絞っていない雑巾で拭いたりするのは、木材が水分を吸収してしまい、膨張や反り・割れなどの原因となるため厳禁です。
* 化学雑巾をフローリングの上に長時間放置しておくと、化学雑巾に含まれている化学物質に反応して木材が変色する恐れがあります。使用後は、モップ部分が直接床面に触れないように袋などに入れて保管してください。
* 木材の膨張や白濁の原因となるため、水蒸気式のクリーナーは使用しないでください。

定期的なお手入れ

Arborガラスフィニッシュは表面に薄いガラスの塗膜が形成されているため、固く絞った雑巾で水拭きをするお手入れだけでも問題はありませんが、1年に一度を目安に床全体をワックスがけすることで、汚れを落とすと共に、磨耗による小さな傷や汚れからガラスの膜を保護することができます。

● 方法
1. 塵やほこりを掃除機や化学雑巾で除去
2. Arbor水性クリーナーワックスを10倍に希釈し、全体を拭き掃除する

なお基本的に定期的なメンテナンスは不要ですが、塗装が磨耗しやすい箇所(椅子の下など)については、部分的に再塗装が必要となります。

● 方法
1. 皮脂汚れや黒ずみは、Arbor水性クリーナーワックスで拭き掃除
2. 拭いても取れないシミや汚れ、すり傷は、サンドペーパー(紙やすり)を使って削り取る(削った後はArborガラスフィニッシュでの再塗装が必要です。)

 POINT 
・ 部分的に深く削りすぎると色ムラがおきる可能性があるので注意(日焼けにより色が変化するのは、木材の表面から約0.3mmの部分までと言われています)
・ サンドペーパーの目が詰まったまま使用すると、傷の原因となりますので、こまめに取替えてください
・ サンドペーパーブロック(サンドペーパーを固定する四角いもの)を使用すると均一に削れ、摩擦熱を遮ることができます

● 準備するもの
- Arborガラスフィニッシュと、付属の専用ツヤ消し剤
- 塗装用のハケ
- サンドペーパー(180番・240番・320番の3種類)
- サンドペーパーブロック(サンドペーパーを固定する四角いもの)
- 塗料を入れるトレイ

● 塗装のステップ
※ Arborガラスフィニッシュは、メンテナンスでご使用の場合、目安として14㎡/リットル(3回塗り)の塗装が可能です。
※ 付属品として、専用のツヤ消し剤が同梱されます。
※ 塗り面積は樹種や生地調整により異なります。
※ 厚く塗りすぎると割れが発生する可能性がありますので、ご注意ください。

塗装の回数:3回塗り

STEP1 クリーニング
1. 塵やほこりを掃除機などで除去
2. 全体を拭き掃除したい場合は、Arbor水性クリーナーワックスを10倍に希釈したもので拭き掃除を行う

STEP2 削る
1. 180番のサンドペーパーを木目(フローリングの長手方向の線)に沿って動かし、汚れを削り取る
2. 240番のサンドペーパーでやすりがけをし、最後に320番で表面を整える

STEP3 塗る
1. 巾木などをマスキングテープで保護することで、塗料の付着を防ぐ(この作業は必須ではありません。テープを貼ったまま放置しておくと、テープの粘着が残るので、塗装後は早めに剥がしてください)
2. 削った部分にArborガラスフィニッシュをハケで塗布する。塗装は3回塗り(塗装間隔は60分以上空ける)を行う
3. 表面に気泡の固まりや毛羽立ちが生じた場合は、320番のサンドペーパーで部分的に削り落とす

 POINT 
・ Arborガラスフィニッシュは、本液と付属の専用ツヤ消し剤を10:1の割合で混合して使用するタイプの塗料です。事前にトレイや小皿に取り分け、混ぜておくと便利です。
・ Arborガラスフィニッシュは性質上、空気に触れると固まりやすいため、使いきれる適量をその都度ご用意ください。
・ 過度の重ね塗りは、表面の割れや、過度なツヤの原因となることがございますので、ご注意ください。重ね塗りをしすぎてしまった場合は、サンディングをして、再塗装を行ってください。

STEP4 拭き取り・乾燥
1. 完全乾燥時間まで、自然乾燥を行う
※ Arborガラスフィニッシュは完全に乾燥するまでに約24時間を要します(樹種・塗布量によって異なります)

 POINT 
・ 完全乾燥時間までラグなどは敷かず、風通しを良くしてください
・ 再塗装中やその後は塗料の匂いが残るため、十分な換気を行ってください