ナラ材

ナラ Japanese Oak

物性 加工性 特徴
比重 0.65 加工性 ブナ科
平均収縮率/板目方向  1 乾燥性 樹高 --
平均収縮率/柾目方向  2 接着性 直径 --
弾性係数(N/mm2)(ヤング係数) -- 耐久性 用途 家具, フローリング, 船舶, 構造, 内装
縦圧縮強さ(N/mm2) -- 塗装性 -- 分布 アジア
曲げ強さ(N/mm2) --   材質 年輪ははっきりしている。放射組織は幅が広く、柾目にはトラフという杢を形づくる
ヤンカ硬さ -- 写真
ブリネル硬さ  3
コメント
日本・中国・朝鮮に分布し、他のオーク類に比べて柔らかく、加工性に優れていることが特徴です。特に北海道のミズナラは良材として珍重され、戦前は小樽オークと称して明治時代からヨーロッパに輸出されていたほどです。着色も塗装のくいつきも良いため、家具や内装材として古くから賞用されています。
学名
Quercus grosseserrata, Quercus dentata, Quercus serrata, Quercus crispula, Quercus spp, Quercus grosseserrata, Quercus dentata, Quercus serrata, Quercus crispula, Quercus spp, 
日本語
楢、 ミズナラ
英 語
Japanese Oak, Mizunara, Konara (Quercus Glandulifera), Kashiwa (Quercus Dentata), Japan Eiche, Shira-Kashi (Quercus Myrsinaefolia), Ichii-Gashi (Quercus Gilva), Aka-Gashi (Quercus Acuta), Ubame-Gashi (Quercus Phyllyraeoides), 'Mongolian Oak, Mongolian Oak Beech, Manchurian Oak, Ohnara, Nara, Chinese Oak
掲載データについて
  • この検索システムで使用しているデータは、当社が様々な資料や専門書を参考にして再編集したものです。
    データや記述内容について、学術的な見地と一致しない場合もありますので、ご了承下さい。
    資料等の出典は、「データ資料について」 でご覧になれます。
  • ドロップダウンメニューの詳しい説明は、「カテゴリーガイド」をご覧下さい。
前画面に戻る