イペ材

イペ Ipe

物性 加工性 特徴
比重 1.05 加工性 ノウゼンカズラ科
平均収縮率/板目方向  3 乾燥性 樹高 --
平均収縮率/柾目方向  5 接着性 直径 --
弾性係数(N/mm2)(ヤング係数) 18800 耐久性 用途 内装, フローリング, 枕木, 構造, 港湾, 家具, ダウエル, 外装, 橋, デッキ, ろくろ細工, スポーツ器具
縦圧縮強さ(N/mm2) 95 塗装性 分布 南米,中米
曲げ強さ(N/mm2) 184   材質 強度、耐久性に優れ、火事にも強い。
ヤンカ硬さ 3680 写真
ブリネル硬さ  5
コメント
橋や埠頭、人の往来の激しい場所などでの使用にも耐えうるほどの強度と耐久性に優れた木です。デッキ材として使用されることが多く、アトランティックシティーのカジノのほか、フロリダのディズニーワールド、ラスベガスのトレジャーアイランドなどで使用されています。防虫・防腐加工が必要なく、燃えにくいことから公共物件に使用されることが多く、日本では海浜公園や海ほたる、マリーナ等でおなじみになっています。
学名
Tabebuia spp., Tabebuia ipe, Tabebuia capitata, Tabebuia serratifolia, Tabebuia impetignosa, Tabebuia serratifolia, Tabebuia guayacan
日本語
イペ
英 語
Ipe, Amapa, Prieta, Cortez, Guayacan, Cortes, Lapacho, Pau D'Arco, Pau Darco, Canaguate, Polvillo, Hakia, Ironwood, Ebene Verte, Lapacho Negro, Tahuari Negro, Ebano Verde, Groenhart, Puy, Yellow Puy, Acapro, Ipe Tabaco, Bethabara, Yellow Poui, Hakia, Wass
掲載データについて
  • この検索システムで使用しているデータは、当社が様々な資料や専門書を参考にして再編集したものです。
    データや記述内容について、学術的な見地と一致しない場合もありますので、ご了承下さい。
    資料等の出典は、「データ資料について」 でご覧になれます。
  • ドロップダウンメニューの詳しい説明は、「カテゴリーガイド」をご覧下さい。
前画面に戻る