無垢の階段材【630 号】

 階段は、機能ばかりではなく、空間の中のセンターピースとして、デザイン的に重要な位置を占めることも増えてきました。無垢木材のフローリングなど高級感のある素材と穏やかに調和する、しっかりと厚みのある無垢材の階段は、空間のクオリティーを上げるための有効なソリューションでもあります。

タイプのバリエーション

無垢の階段材は、本物ならではの立体感溢れる仕上がりでデザインのバリエーションを広げます。

樹種のバリエーション

 10種類の無垢材(巾ハギタイプ)からお選びいただけるため、フローリングのテクスチャーと合わせたコーディネートが可能です。床材と同じ素材を選ぶのはもちろん、あえて色調や風合いを変えた樹種を選択し、階段を際立たせるのも素敵です。一部樹種を以下にご紹介します。

01.ホワイトオーク:日本語では落葉樹はナラ(楢)、常緑樹はカシ(樫)と呼ばれ、昔から馴染み深い木材です。
02.ハードメープル:白い散孔材で清潔感があります。
03.ウォールナット:独特な深みのある色合いを持ちます。
04.アメリカンブラックチェリー:深く赤い色合いで重厚感があります。
05.ポンデロサパイン:米国西部を代表するマツのひとつです。
06.イロコ:「アフリカンチーク」の異名を持つ木です。
07.サペリ:マホガニーに似ており、高級車のハンドルにも使われます。
08.チーク:優れた寸法安定性と耐久性には定評があります。
09.ホワイトアッシュ:タモに似た環孔材で、木目の浮き立った家具調の仕上げになります。
10.タモ:上品な風合いは和洋どちらにも合います。

塗装のバリエーション

 フローリングの塗装には、従来のコーティング塗装のみならず、浸透性塗装のオイルや蜜蝋など多種多様な塗装方法が採用されるようになりました。フローリングの仕上げにあわせて、階段の塗装方法も選択していただくことができます。床材と風合いを統一出来るとともに、お手入れ方法が同一になるため、メンテナンスを行いやすくなります。

1.コーティング系塗料
 表面にウレタン樹脂などの硬い塗膜をつくる塗装です。木の質感は薄れますが、水や汚れに強くお手入れが楽です。フローリングの色にあわせた着色も可能です。

2.浸透性塗料(Arbor植物オイル、Arbor蜜蝋樹脂ワックスなど)
 塗料を木材に浸透させる塗装です。表面に硬い塗膜を生成しないため、木の質感を活かすことができます。コーティング系塗装に比べると汚れやキズはつきやすいものの、目立ちにくく、お施主様ご自身による補修も可能です。

3.高機能塗料(Arborガラスフィニッシュ)
 木の表面の凹凸を活かして保護するため、木の質感が保たれ、水や汚れにも比較的強く、お手入れが楽です。


塗装のバリエーションの詳細につきましては、以下にてご確認ください。
 ▼選べる塗装
 https://www.mokuzai.com/Product/standardcolor

デザイン性を求められる段板

無垢材ならではの断面形状で、様々なクリエイティブなデザインを具現化できます。
階段施工例

プレカット&セット梱包

 階段材には、プレカット加工&セット梱包がなされています。図面、加工仕様書からスピーディに見積作成し、加工した部材をセット梱包して現場に配送いたします。段板のみや、リフォーム用の段鼻のみなど、階段の部材単位でもご注文をお受けしています。

 階段材についての詳細は、ぜひ以下のページにてご確認ください。お見積りのご依頼や、階段材についてのお問い合わせも承っております。

 ▼製品情報/階段・手すり
 https://www.mokuzai.com/Product/staircasematerial