メールマガジン「見る木活かす木」657号『人に優しい木の性質~木材は衝撃を吸収する?!~』配信

  • 2008年01月21日
  • お知らせ
硬いコンクリートの上を歩いていると、すぐに脚が疲れてしまい、歩きにくいと感じたことはありませんか?


これは、コンクリートが足から受ける力を吸収せず、ダイレクトに足に跳ね返してしまうためです。
コンクリートの上を歩く際、体重の約2.5倍もの衝撃が足腰にかかるといわれているほどです。


木材は適度に衝撃を吸収し反発する“程よい硬さ”であることから、フローリングに適した素材です。

見る木活かす木コト編657号では、そんな木材の衝撃吸収力をご紹介しております。
くわしくは、見る木活かす木657号をご覧ください。


▼人に優しい木の性質 - 木材は衝撃を緩和する?! -【657号】
https://www.mokuzai.com/MailMagazine/72

657_3.jpg