リビングデザインセンターOZONE 人と環境にやさしい住まいづくり~塗料の選び方~(2011年9月15日~11月29日)

  • 2011年09月15日
  • イベント
マルホンショールーム・MOKUZAI.comのある、東京・新宿のリビングデザインセンターOZONE7F/CLUB OZONEスクエアにて、「人と環境にやさしい住まいづくり~塗料の選び方~」が開催中です。
(開催期間:2011年9月15日~11月29日)

%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC%20%EF%BD%9E%20DSC_0164.JPG

そもそも、なぜ無垢木材には塗装が必要なのか、ご存知ですか?
塗装の目的には、無垢木材の素材そのものの美しさを引き出すことや、汚れをつきにくくすることが挙げられます。

無垢木材の塗装は、「浸透性塗料」と「コーティング系塗料」の2種類がありますが、この展示においては、「浸透性塗料」に焦点を当てています。
浸透性塗料は、木の質感や肌触りを活かした塗料のことです。
ただ、一口に浸透性塗料といっても、さまざまな種類のものがあり、実際に選ぶ際、ご自身にとって本当に何がいいのか、分からなくなってしまう方も少なくないと思います。

そのため、色味やツヤといった空間デザイン上のポイントだけでなく、人体や室内環境に与える影響を考慮して選択できるよう、さまざまな塗料の詳細な成分表示を見ると同時に、塗料の実物の香りを確認することができます。
資料だけでは分からない塗料の実際を、比較・検討して理解できますよ。

マルホンショールーム・MOKUZAI.comからも、Arborシリーズの塗料3種を展示しています。

Arbor植物オイル エゴマ油がなじみ、木本来の魅力を引き立てる

Arbor蜜蝋樹脂ワックス ツヤをおさえた、さらりとした仕上がり

Arbor針葉樹白木用オイルワックス まるで無塗装のような、白木の風合い

また、入り口付近にある部屋を模したスペースには、タガヤサン無垢フローリング・FGYU01-122(Arbor植物オイル仕上げ)が展示されています。

%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC%20%EF%BD%9E%20FGYU01-122_90-CA_OZONE7F%E5%B1%95%E7%A4%BA_0294_2011.09.16_%E2%97%8B_002.jpg

タガヤサンは、三大唐木のひとつ。
「鉄刀木」といわれるほど、非常に堅いのが特長で、黒を基調とした中に現れる不規則な縞模様が持ち味です。

展示期間も約2ヶ月半と長い今回の企画展。
ぜひ一度お立ち寄りください。