無垢フローリング・無垢木材・無垢内装材|MOKUZAI.com検索MENU

【施工例写真】アメリカンブラックチェリー ヘリンボーン 無垢フローリング57

  • 2017年05月24日
  • レポート
気持ちのよい五月晴れが続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
先日、当社の商品を採用されたお客様のお宅に伺い、施工例の写真を撮影させていただきました。
今回のブログでは、そのお写真をご紹介いたします!


20170517_01.jpg


まず、こちらのリビングにご採用いただいたのは、アメリカンブラックチェリー ヘリンボーン 無垢フローリング57アメリカンブラックチェリー 無垢フローリング130

注目していただきたいのは、その張り方です!
部屋の中央はクラシカルな印象となるヘリンボーン張り、そしてその周りは乱尺張り(乱尺のフローリングを部屋の向きにそって並行に並べる張り方)となっているのがわかりますでしょうか?
こうした張り方は、中央のヘリンボーン張りを引き立てるだけでなく、空間を引き締める効果があります。
ひとつひとつのインテリアやお部屋全体の色調だけでなく、張り方によってもお部屋のイメージは左右されます。こちらのご物件からは張り方ひとつにも気を抜かないこだわりが感じられました!

ちなみに白いソファの両サイドの壁に取り付けられた照明は、かの有名な建築家、フランク・ロイド・ライトがデザインしたものだそうです。
木枠としてチェリー材が使用されているため、チェリーのフローリングとの相性もばっちりですね!


20170517_02.jpg


また、お施主様のこだわりは照明だけではありません。
ダイニングで、当社のチェリーのフローリングの上にコーディネートされていたのは、スコットランドの建築家、チャールズ・レニー・マッキントッシュがデザインしたテーブルとチェア。
こちらの家具もチェリーで作られているため、フローリングと良く調和しています。
お施主様こだわりのインテリアに合わせる床材として当社のフローリングを選んでいただき、ショールームスタッフとしても嬉しいかぎりです!

また、別のお部屋には、このようなフローリングもご採用いただきました。


20170517_03.jpg


アカシア 無垢フローリング120です。
こちらのオーディオルームは、クラシカルな印象を受けるリビングダイニングとは対照的に、アジアンリゾートを思わせる空間。
アカシアのフローリングにテイストを合わせた梁、照明もどことなく異国情緒を感じさせ、
まるでバカンスのようにのびのびと寛げそうなお部屋となっていました。
こちらのご物件のように、お部屋ごとにコンセプトを変えてみるのも、様々な楽しみ方ができて良いかもしれませんね。

いかがでしたでしょうか。
マルホンのショールームでは、こちらの商品のサンプルを実際にご覧いただくことが可能です。
ご興味をお持ちになられた方は、ぜひ一度ショールームまでご来店くださいませ。

また、今回の撮影にご協力いただいた皆様、ありがとうございました!

▼アメリカンブラックチェリー ヘリンボーン 無垢フローリング57
https://www.mokuzai.com/Product/Detail/4015
▼アメリカンブラックチェリー 無垢フローリング130
https://www.mokuzai.com/Product/Detail/11874
▼アカシア 無垢フローリング 120
https://www.mokuzai.com/Product/Detail/10181

東京ショールームMOKUZAI.com [予約優先]
住所   〒163-1006 東京都新宿区西新宿3-7-1
新宿パークタワーリビングデザインセンターOZONE6F
電話番号 03-5326-7411
*土日祝日は混雑のため繋がりにくいことがございます

本社ショールーム[完全予約制]
住所   〒434-0013 静岡県浜松市浜北区永島1295
電話番号 053-587-0711