無垢フローリング・無垢木材・無垢内装材|MOKUZAI.com検索MENU

【施工例写真】ヨーロピアンオーク 無垢フローリング・パネリング

  • 2017年07月05日
  • レポート
蒸し暑い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
先日、当社の商品を採用されたご物件にて、施工例写真を撮影させていただきました。
今回のブログでは、そのお写真をご紹介します。

まずご覧いただきたいのは、こちらのヨーロピアンオーク 無垢フローリング120


20170517_01.jpg


古くから家具に愛用されてきたという歴史を持つヨーロピアンオーク。
そのナチュラルでやさしい色味と、個性的でありながら飽きの来ない独特な表情から、フローリング材としても高い人気を誇る樹種です。

こちらのご物件では、そんなヨーロピアンオークのフローリングにオプションとして“ナイフカット”という表面加工を施しています。
よく見ると、フローリング表面に凹凸があるのがお分かりいただけますでしょうか?
表面加工を施すことにより陰影ができ、空間の隠し味となるだけでなく、素足で歩いた際には心地よい感触を得ることができます。

一年中素足でも心地よく過ごしたい、という方はこちらのご物件のようにリビングに、この表面加工を採用してみるのはいかがでしょうか。特定の箇所だけでも足触りを重視したい、という方は玄関や寝室、畳の周りなどにもお勧めです。

また、天井にはウエスタンレッドシーダー パネリング85をご採用いただきました!


20170517_01.jpg


ウエスタンレッドシーダーは色の個体差が大きく、モザイク調に張りあがるのが特徴です。
色の濃い部分と明るい部分の差が際立つため、無垢木材らしい賑やかな表情を存分に楽しむことができます。
アクセントウォールにはもちろん、こちらの写真のように広い面で使用するのも素敵ですね!

そして、次にご紹介するのはこちら。
ヨーロピアンオーク ヘリンボーン 無垢フローリング57と、ヨーロピアンオーク 無垢パネリング85です。


20170517_01.jpg


フローリング、パネリングともに、先ほどの表面加工のものと同じヨーロピアンオークという樹種ですが、パネリングだけ異なる色をしているのがわかりますでしょうか?
これは、四季折々の花や葉、実など自然の恵みを活かして木を染め上げる‟草木染 “という塗装を施しているからなのです。
無垢木材が持つ自然な風合いを残しつつ、グレーに染め上げる草木染 は、アンティークな雰囲気を醸し出してくれます。

マルホンでは、こうした表面加工草木染 など、無垢木材の魅力をさらに引き立てるオプションをご用意しております。
お好みの樹種や張り方を選ぶだけでなく、さらに加工や塗装にもこだわることによって、通常とは一味違った空間を演出することができます。
ご興味をお持ちいただけた方は、ぜひ一度ショールームまでご来店くださいませ。

また、今回の撮影にご協力いただいた皆様、ありがとうございました!

▼ヨーロピアンオーク 無垢フローリング120
https://www.mokuzai.com/Product/Detail/6151

▼ウエスタンレッドシーダー パネリング85
https://www.mokuzai.com/Product/Detail/4056

▼ヨーロピアンオーク ヘリンボーン 無垢フローリング57
https://www.mokuzai.com/Product/Detail/4561

▼ヨーロピアンオーク 無垢パネリング85
https://www.mokuzai.com/Product/Detail/4197

▼表面加工
https://www.mokuzai.com/Product/surface

▼草木染
https://www.mokuzai.com/Notice/kusaki


東京ショールームMOKUZAI.com [予約優先]
住所   〒163-1006 東京都新宿区西新宿3-7-1
新宿パークタワーリビングデザインセンターOZONE6F
電話番号 03-5326-7411
*土日祝日は混雑のため繋がりにくいことがございます

本社ショールーム[完全予約制]
住所   〒434-0013 静岡県浜松市浜北区永島1295
電話番号 053-587-0711