【東京ショールーム】人気の樹種ランキング-パネリング編-

  • 2021年04月14日
  • レポート
前回のブログでは、お持ち帰りサンプルの人気樹種トップ5・フローリング編を発表しましたが、
今回は、天井や壁に使用するパネリング(羽目板)編です(2020年のマルホン東京ショールームMOKUZAI.comでお渡ししたサンプルを品番別で集計)。

足で踏まないパネリングは、傷も付きにくく、汚れにくいので、特別なお手入れが不要です。
お手入れの手間を懸念されていた方や、遮音などの関係で床での無垢材使用を諦めていた方にもおすすめです。
単なる空間のアクセントのみならず、お部屋の快適性にも繋がる調湿作用や吸音効果といった無垢材ならではの特性も体感することができます!

<ウエスタンレッドシーダー>
昨年、マルホン東京ショールームMOKUZAI.comでご検討される樹種の中で一番多かったのは、ウエスタンレッドシーダーでした。
一般に「ベイスギ」と呼ばれていますが、スギではなくヒノキ科の「ネズコ」の仲間。
中でも人気は、85mm巾。ピースごとに色の濃淡が大きいため、天井や壁面に使用すると、表情豊かな空間のアクセントになります。

<ヨーロピアンオーク>
さまざまな家具やインテリアに合わせやすく、フローリングでは一番人気のヨーロピアンオーク。床と天井とで樹種を揃えることが可能です。
空間全体として統一感が生まれるので、オーク材に包まれるような心地よさを実感できるのではないでしょうか。

<ウォールナット>
伝統を感じさせる重厚感を持つウォールナットですが、クラシックだけでなく、モダン、ナチュラル、どんな空間にもマッチします。
濃い色合いは、空間を引き締める効果があります。
こちらの施工事例では、高級感あふれるウォールナットをダイニングキッチンの下がり天井に使用することで、照明による陰影が際立ち、空間にアクセントを生み出しています。

<サペリ>
高級車のハンドルやシフトノブにも使用されることでも知られ、リボン杢と呼ばれる光沢のある美しいストライプ状の木目が特徴的なサペリ。時間の経過とともに赤褐色から深みのある落ち着いた色合いとなり、上質な空間を演出してくれます。

<ピーラー柾目>
ピーラーとは、本来はロータリー単板(薄い合板用の板)を取ることができる高品質材の等級名称ですが、日本では天然ベイマツの大径木を指します。柾目の真っ直ぐで細かい木目は、すっきりとした印象を与えます。年を経ることで赤みが増していきます。

以上が、昨年のお持ち帰りサンプル・パネリング編、トップ5(品番別集計)でした。

組み合わせ次第で、空間の魅力を大きく引き立ててくれるパネリング。
お好みのインテリアスタイルやイメージに合わせて、選んでみてはいかがでしょうか。

マルホンショールームではそれぞれ実物をご覧いただけます。
お持ち帰りいただけるサンプルのご用意もございますので、
ぜひ、ショールームでお気に入りを見つけてみてください。


東京ショールームMOKUZAI.com[予約優先]
住所   〒163-1006 東京都新宿区西新宿3-7-1
新宿パークタワーリビングデザインセンターOZONE6F
電話番号 03-5326-7411
*土日祝日は混雑のため繋がりにくいことがございます

本社ショールーム[完全予約制]
住所   〒434-0013 静岡県浜松市浜北区永島1295
電話番号 053-587-0711

福岡ショールーム[予約優先]
住所 〒810-0028 福岡県福岡市中央区浄水通5-1 MARUHON FUKUOKA
電話番号 092-406-9236
*混雑のため繋がりにくいことがございます