メンテナンスサービスのご紹介 ~お手入れで蘇る無垢フローリング~

  • 2021年11月17日
  • お知らせ
早いもので、2021年も残り2カ月を切りました。
年末に向けて計画的に大掃除を進めていきたいですね。

今回は、そんな季節にぴったりなメンテナンスサービスのご紹介です。
浸透性塗料(オイルや蜜蝋など)を施した無垢フローリングの場合、メンテナンスとして、年に1度程度の定期的な再塗装をお勧めしています。キズや汚れがあれば、紙やすりで削って補修することもできます。

無垢フローリング 手入れ メンテナンス
▲無垢フローリング お手入れの様子

これらのメンテナンスは、お住まいになっている方ご自身でも簡単にできますが「忙しくてなかなか時間が取れない」「面積が広くてとてもできない」という方も多いはず。
中には、お手入れを諦めてしまって数年経ち、傷や汚れが目立って困っている…という方もいらっしゃるかもしれません。


そんな方々のお悩みを解消するため、マルホンではメンテナンスサービスをご用意しています。

無垢フローリング 手入れ メンテナンス
▲専用の機械を用いたメンテナンス作業の様子

専用の機械を使って傷や汚れを削り落とした後、浸透性塗料による再塗装を行います。
手作業ではなく機械を使うことで、ご新築当時のような無垢フローリングの表情をスピーディに取り戻すことができます。
もちろん、機械では削れない細かい部分は手作業で仕上げていきます。


”無垢フローリング
無垢フローリング
▲メンテナンス前/メンテナンス後

こちらは、マルホン本社エントランス部分に使用されているチーク無垢フローリングをメンテナンスした際の様子です。
土足で使用しているため、メンテナンス前の状態では黒ずみ汚れが目立っていますが、表面の汚れやキズを削り、オイルを再塗装すると見違えるように綺麗になります。


”無垢フローリング
無垢フローリング
▲メンテナンス前/メンテナンス後


こうしてキズや汚れを落とすことができるのは、本物の木を贅沢な厚みで仕立てた無垢フローリングだからこそです。
使い込んだ床材を張り変えてしまうのではなく、メンテナンスによって蘇らせることで、良質な素材を長く、大切にご愛用いただくことができます。ご自身でのメンテナンスが難しいという場合には、ぜひ1度ご相談ください。
※当サービスは弊社の無垢フローリングまたは挽板フローリング(浸透性塗料*塗装品)が対象です。
(浸透性塗料:Arbor植物オイル、Arbor蜜蝋樹脂ワックス、Arbor針葉樹白木用オイルワックス、Arborドライワックス、ベーシックオイル)
※他社製フローリングは対象外です。



メンテナンスサービスについては、下記ページより詳細をご確認いただけます。
▼無垢フローリング メンテナンスサービス
https://www.mokuzai.com/Maint

メンテナンスについてのご相談は、マルホンのショールームでも承っております。
お悩みの方は、お近くのショールームにお越しください。