【こんなときどうする?】なんとなく気になる皮脂汚れ

  • 2015年08月26日
  • お知らせ
8月も終盤。
だいぶ涼しくなってきましたね。

汗をかいて体もベタつき、不快に感じることも多い夏ですが、
自然塗装で仕上げた無垢の床材ですと、夏場の汗ばんだ足で歩いてもベタつかず、
さらっと気持ちよく過ごすことができます。
夏休み、外で汗だくになって遊んで帰ってきたお子様がそのまま床でお昼寝してしまう。
なんてシーンもあったと思います。

なんとも微笑ましい光景ですが、皮脂汚れがちょっと気になるという方も多いのではないでしょうか。
自然塗装だと水拭きもできないし…
そんなときは、Arbor水性クリーナーワックスがおすすめです。

20150826_01.jpg

Arbor水性クリーナーワックスには汚れ落としと毛羽立ちを抑える効果もあるため、
日常的に使用することができます。


使い方は簡単。
Arbor水性クリーナーワックスをぬるま湯で5~10倍に薄めたものをバケツなどの容器に用意し、タオルなどの雑巾に染みこませて固く絞ります。
それで汚れが気になる部分をさっと拭き、乾拭きで仕上げれば完了です。
雑巾掛がけと同じ要領で使えるので、気になる皮脂汚れも気軽にお掃除できます。

ショールームのボードサンプルをArbor水性クリーナーワックスで拭いてみると…

20150826_02.jpg

20150826_03.jpg


汚れが取れているのがわかるでしょうか?
これですっきりした気持ちで生活することができますね。
気になる方は、下記URLをご覧ください!

■Arbor水性クリーナーワックス 商品情報
https://www.mokuzai.com/Product/Maintenance/8

■メンテナンスマニュアル
https://www.mokuzai.com/LearningWood/in_di-49


※注意事項※
無塗装品または、浸透性着色塗料塗装品には使用できません。
スギ、レッドオーク、アメリカンブラックチェリーなどタンニンを含む木材は材面が灰褐色に変色する可能性があります。ご利用の際は目立たない場所で少量試し塗りをしてからお使いください。(万一、変色してしまった場合にはお酢で拭くと、短時間で元の色に戻すことができます)